ランニングで注意したい骨盤の歪みとストレッチポールでの改善方法について

「たくさん練習をしているのになかなかタイムが伸びない・・」

「フォームが悪いのかたまに腰が痛む・・」

こんな悩みを持つランナーの皆さんに共通することがあります。

それは姿勢の悪さ。

思うようにランニングの成果が上がらないのは、もしかしたら骨盤の歪みからくる姿勢の悪さかもしれません。

骨盤の歪みはランナーの敵!

でも骨盤の歪みとランニングって関係あるの?

と思った方、少し思い出してみてください。

プロのランナーの中に猫背だったり、姿勢の曲がった方はいるでしょうか?

長時間一定のスピードで走るためには、正しい姿勢で走らなければ到底走りきることはできません。

逆に考えれば、骨盤の歪みに気づき正しい姿勢で走ることができれば今以上にタイムが上がる可能性もあるんです!

スポンサーリンク

骨盤の歪みの原因は?

身体を支える骨盤を歪ませるというのは、並大抵のことではありません。

実は、皆さんの癖によって長い時間をかけて引き起こされるんです。

例えば・・

・横になって寝る時の向きがいつも同じ

・椅子に座ると足を組んでしまう

・いつも同じ足に体重をかける

など

皆さん、思い当たる節はありませんでしたか?

では、骨盤が歪むと身体にどんな影響があるのでしょうか?

歪んでしまった骨盤は悪影響しかない!

骨盤の歪みが引き起こす身体への影響はこんなにあるんです!

<血液の流れが悪くなる>

・末端冷え性や生理不順、肩こり

・顔のむくみや頭痛

・基礎代謝の低下、食欲不振、便秘

<身体の可動域が狭くなる>

・大きな怪我につながりやすい

・重たいものが持てなくなる

<姿勢の悪さ>

・猫背、O脚などにつながる

全部が骨盤の歪みのせい!というわけではありませんので、おかしいなと思ったらかかりつけ医などで相談されることをお勧めします。

ランナーへの悪影響とは

では、ランニングをしている私たちに及ぼす影響にはどんなものが挙げられるのでしょうか?

・筋肉への負担が大きくなりランナー膝などになりやすい

・疲れやすく、回復も遅い

・フォームが崩れているので長時間一定のスピードで走れない

怪我もしやすくタイムも上がらないなんて、骨盤が歪んでいるだけでこんなに悪影響が出るのは恐ろしいですね・・。

それもそのはず、骨盤というのは大きなビルを支える地盤のようなもの。

それが曲がっていたら、ビルはグラグラしていつ倒れるのかわかりませんよね。

歪みを1秒でも早く治したい!

皆さんの身体に恐ろしい影響が出る前に、日常生活で取り入れられる「癖直し」をご紹介します。

・足を組まないようにする

・いつもと違う向きで寝てみる

・テレビを見る位置を変える

など、まずは身近なところからゆっくり骨盤の歪みと戦っていきましょう!

「時間かけてられないよ・・」

「すぐにでも骨盤の歪みを治したい・・」

と思った皆さん。

実は、ランナーの味方とも言える、骨盤を矯正するストレッチポールというものがあるんです。

スポンサーリンク

腰痛にも効く?!ストレッチポール

なんだか聞きなれない名前の道具。

プロのスポーツ選手や芸能人の間で大人気のエクササイズで使われているそうです。

日本コアコンディショニング協会が商標登録しており、値段はおよそ4000円〜購入できます。

カラーやデザインも様々あり、目移りしてしまうほどです。

ストレッチポールの知られざる効果!

発売からなんと160万本以上も売れているストレッチポールとはどんな良い効果があるのでしょうか?

・全身の筋肉がほぐれてストレッチの効果

・副交感神経の活性化を促進するリラックス効果

・胸囲部分を広げることにより酸素をたくさん取り込むことができる効果

・筋肉が緩まるので、骨盤などを正しい位置に矯正しやすくなる効果

・腰痛や肩こりが緩和される効果

ざっとあげただけでもこんなに効果が有るなんて・・。

では、実際にストレッチポールを使ってどんな運動をするのか見ていきましょう!

寝るだけで効果あり!?「基本姿勢編」

頭・腰・お尻の3点がストレッチポールについている状態で立膝をする、これが基本姿勢となるようです。

でも、実はこのストレッチポールのすごいところが「これだけでも先ほど挙げた効果が有る」そうです。

もちろん、基本姿勢を押さえた上で寝転がるのがポイントとなります。

股関節を矯正!「ワイパー運動編」

骨盤に近い股関節の筋肉周辺を揺らし矯正しましょう。

① 足を投げ出した状態で、かかとを軸にし軽く左右に揺らします。

② 足に力が入らないように10回ほど行います。

骨盤を矯正!「ゆらゆら運動編」

ランニング前に行って効果の違いを実感しましょう。

① 基本姿勢のまままずは全身を左右にゆっくり揺らしていきます。

② 腰に意識をおき、小刻みに揺らします。

③ リラックスした体勢で10〜15回ほど行います。

ストレッチポールにはリラックス効果があるので、ランニング後にもオススメですよ。

骨盤の歪みを矯正して、スッとした姿勢で走れるよう応援しています!

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする