膝の故障を予防する正しいランニングフォーム!3つのポイントを解説

ランナーにとって恐れることと言えば『膝の故障』ですよね。

走るためには健全な体を保つことが必要不可欠ですが、ランニングというものは脚への負担が大きい運動です。

ランニングによって膝が故障してしまっては大好きなランニングが出来なくなってしまいます。

それではどうすれば良いのかと言うと、事前に膝の故障を予防すれば良いのです。

しかし、「膝の故障の予防ってどうやるの?」疑問に思う方が多いと思われます。

実は膝の故障の予防はランニングフォームに関係があるのです。

それでは今回は膝の故障を予防するランニングフォームについてこれからご紹介していきたいと思います。

膝の故障を予防するためには正しいランニングフォームを?

 

膝の故障を予防するためには正しいランニングフォームを心がける必要があります。

正しいランニングフォームには3つのポイントがあるのでそれぞれご紹介していきます。

ポイント1 姿勢

まず最初のポイントとなるのが『姿勢』です。

ランニングを行うときは背筋、そして腰が伸びていることが重要です。

背中が丸まりしっかり伸びていなかったり、腰が引けている姿勢が悪い状態でランニングをしても体重移動がうまく出来ません。

しかし、良い姿勢を意識し過ぎるのも良くありません。

これは何故かと言うと、良い姿勢を意識し過ぎることによって首や肩などに余計な力が入ってしまいそれが原因でランニングフォームが崩れてしまうからです。

それではどうすれば良いのかと言うと、肩甲骨を気持ち引き寄せるように胸部を少し開くことによって、肩が不自然に上がらずに力むことが無くなります。

たったこれだけのことで良いランニングフォームをするきっかけになるのでまずはこれを試してみましょう。

ポイント2 腕の振り

二つ目のポイントは腕の振りです。

みなさん走るときには腕を振りますよね。

まさか腕を振らないで走る方はいないかと思いますが、もしもそのような走り方をする方がいたら今すぐやめてください(笑)

腕を振ることは脚の動きに大きく関わってきます。

そのため、腕全体で腕振りが出来るように肘を90度ほどに曲げて、後ろに振るように意識しましょう。

後ろへの腕振りを意識すると、自然に腕は前に出てきます。

そして、腕の振り方は、小刻みに振るようにしましょう。

小刻みに振ることによって全身をリラックスさせる効果があります。

あんまり走ることに関係なさそうな腕の振りですが、実はとても関係があることなので、ランニングするときは腕の振りを意識してみましょう。

スポンサーリンク

ポイント3 脚の運び方

最後のポイントは脚の運び方です。

脚の運び方は良いランニングフォームにおける最も大事なポイントとも言えるでしょう。

まずはつま先を外に広げず、そして内側に入らないようにまっすぐ前に向けて着地するようにします。

そして、蹴りだすときもまっすぐに行います。

これは何故かと言うと、蹴りだす脚が外に向いてしまうとそれが膝の負担に繋がるからです。

蹴りだした脚を後ろに戻すときもまっすぐに後ろに戻しましょう。

さらに脚の運び方で重要なことがあります。

それは脚が着地するときの地面の捉え方です。

まず着地するときはかかとから地面に脚を着くようにしましょう。

かかとから着地したら、流れるようにつま先に向けてゆっくりと体重を移動させて地面を踏みしめるようにし、そして親指の付け根で地面を蹴りだします。

これが一連の脚の運び方となるので、ランニングをするときはこのことを含め3つのポイントを意識することで正しいランニングフォームが出来るようにしましょう。

ランニングフォームの改善は日常生活から

ランニングフォームを改善するためには普段どのように過ごしているかということも重要になってきます。

例えば先ほど姿勢についてご紹介したときに背中が丸まっているのは良くないという話をしましたよね。

このような悪い癖が出てしまう人は普段から猫背で生活している傾向が多いようです。

そのため、日頃から猫背になってしまっている方はまずその悪い癖を直すように心掛けるようにしましょう。

スポンサーリンク

体の使い方の覚え方

体の使い方というものは先ほど話した猫背のように少しずつ崩れてきてしまうものです。

そんな崩れた体の使い方はランニングフォームに悪影響を与えます。

そして、そんな崩れた体の使い方を改善するためにはストレッチボールのような専用の器具を用いることで改善することが出来ます。

また、赤ちゃんのようなハイハイや、脚を綺麗に揃えた状態の正座からの膝立ちなども効果的です。

これは何故かというと、赤ちゃんというのはハイハイから徐々に立ちあがることで体の使い方を覚えていきますよね。

その動作を復習のように行うことで体の使い方を思い出すことが出来るのです。

これらのことは特別難しいことではないので、日頃から試してみることをオススメします。

まとめ

膝の故障を起こさないようにするためには正しいランニングフォームで走ることで予防することが出来ます。

今回ご紹介したことを参考にしていただき、快適なランニングを行うことが出来たらと思います。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする