冬のランニングで耳が痛いのを対策!安いニットキャップを紹介

冬になると、あまりの寒さに耳が痛くなってしまうことがあります。

手や足はしっかりと防寒対策していても、耳の対策はしていないことが多いでしょう。

耳の痛みは、一度気になるとランニングどころではなくなりますよね。

冬のランニングで耳が痛い場合は、ニットキャップでの対策をおすすめします。

ランニングでも邪魔にならずに、耳まで覆うことで外気から耳を守ってくれます。

費用が高いと購入を迷ってしまいますが、安いニットキャップもたくさんあります。

ここでは、冬のランニングで耳が痛い場合に使える安いニットキャップを紹介するので、参考にしてください。

どうして寒いと耳が痛くなるの?

耳には毛細血管が通っているのですが、血管が細く血液の量も少ないので他の部位と比べて冷えやすくなっています。

これは、指先も同じです。

冬場に耳が痛くなる症状には名前があり、「寒冷頭痛」と言います。

また、別名「アイスクリーム頭痛」とも呼ばれています。

耳なのに「頭痛」というのも変な気がするでしょう。

かき氷を食べたときのあの頭痛が、耳に起きているとイメージしてください。

耳が「キーン」と激しく痛くなるのは、冷たいものを食べたときの頭痛と同じなのです。

これは、特に冷え性の方がなりやすいと言われています。

私も冷え性ですが、冬の外出のたびに常に悩まされてきました。

耳だけが激しく痛み、歩けなくなったこともあります。

冷え性の方には、特に冬場のランニングは厳しいと言えるでしょう。

対策をしないと実は危険な耳の痛み

冬場によく起こる耳の激しい痛みですが、実は放っておくと危険です。

そのまま放置すると、血行障害を起こし組織が破壊されてしまう危険があります。

血が流れなくなって、凍傷を起こしてしまう可能性があるでしょう。

非常に危険なので、痛いと感じたら何かしらの対策をする必要があります。

そのため、ニットキャップなどの防寒グッズは常に持ち歩いていた方が良いでしょう。

ニットキャップを持っていない場合は、手で温めるなどの応急処置も有効です。

耳が痛む場合は、十分に気を付けておきましょう。

ランニングで使えるおすすめニットキャップ5選!

adidas クライマウォーム ビーニー

出典;楽天市場

最初に紹介するのが、アディダスが出しているオシャレなニットキャップです。

アディダスのロゴとシンプルなラインが入っているので、オシャレなファッションアイテムとしても使えるでしょう。

魅力的なデザインにも関わらず、値段もお手頃です。

保温性にも優れているので、冬場のランニングにはおすすめのニットキャップでしょう。

MIZUNO ブレスサーモ ニットキャップ

出典;楽天市場

ミズノのブレスサーモニットキャップは、とにかく保温性に優れています。

そして、値段も非常に安いです。

デザインはミズノのロゴが小さく入っているだけなので、かなりシンプルと言えるでしょう。

派手なニットキャップよりもシンプルでまとまったニットキャップが良いという方におすすめです。

ランニング以外でもサッカーや野球のフォームアップでもよく使われています。

あらゆる用途で使える、使い勝手の良いニットキャップでしょう。

adidas ビッグロゴビーニー

出典;楽天市場

派手好きの方におすすめしたいのがアディダスのビッグロゴビーニーです。

アディダスのロゴがド派手にデザインされているので、インパクトが抜群のニットキャップでしょう。

普段のカジュアル用としても使える個性的なデザインが魅力の一つです。

スノボーやスキーなどのウインタースポーツでも合わせやすいニットキャップでしょう。

もちろん冬場のランニングでも使えるので、ランニングの防寒対策として使ってください。

asics ニットキャップ A77

出典;楽天市場

ランニング用品と言えばアシックスですが、ニットキャップでも良い商品をたくさん出しています。

特にアシックスのニットキャップA77は、非常にスタイリッシュなデザインでランナーにも人気のニットキャップになっています。

カラフルなカラーを揃えており、リバーシブルでも使えるのが魅力でしょう。

女性の方でもファッションに合わせやすいニットキャップです。

保温性にも優れているので、しっかりと外気から耳を守ってくれます。

値段も手ごろで、おすすめの商品です。

アンダーアーマー ビーニー AAL3524

出典;楽天市場

アンダーアーマーは、アメリカのメリーランド州ボルチモアに本社を置く、スポーツ用品メーカーですが、オシャレなアイテムを多く取り扱っています。

アンダーアーマーのニットキャップAAL3524も安価でオシャレなアイテムです。

スポーツに最適のニットキャップで、ランニングでもバッチリ使えるでしょう。

アンダーアーマーは商品の品質も良く、スポーツ選手に人気の高いブランドです。

ニットキャップAAL3524は値段も安いので、是非手に入れたい商品の一つでしょう。

スポンサーリンク

ニットキャップ以外の対策方法

冬場のランニングで、耳が痛くなることへの対策はニットキャップが効果的です。

しかし、ニットキャップが苦手な方もいるかもしれません。

ニットキャップ以外にもイヤーウォーマーで防寒対策をする方法もあるでしょう。

イヤーウォーマーは耳あてのようなタイプとヘアーバンドのようなタイプがあります。

耳あてのようなタイプは防寒性に優れていますが、ランニング中にずれやすい弱点もあります。

ランニングには、ヘアーバンドのようなずれにくいタイプのイヤーウォーマーがおすすめでしょう。

頭を覆わずに耳だけを守ってくれるので、髪形を気にする方にはイヤーウォーマーが適しています。

冬場のランニング対策としてニットキャップと併せて、参考にしてください。

スポンサーリンク

まとめ

冬場のランニングにおいて、耳の防寒対策は非常に大事です。

耳が激しく痛むのは、耳に通っている血管が細いため冷えやすいのが原因です。

放っておくと、血流が悪くなり凍傷を起こしてしまう危険があるでしょう。

特に冷え性の方には、多く見られる症状です。

当てはまる方は、すぐにニットキャップを使った防寒対策を行いましょう。

ニットキャップ以外でもイヤーウォーマーを使った防寒対策をしているランナーの方も多いです。

ニットキャップをオシャレに着こなす自信が無い方は、イヤーウォーマーを検討してみましょう。

冬場でもランニングを継続するためには、防寒グッズによる対策は必須です。

モチベーションを維持しながら、冬でもランニングを楽しむためにニットキャップやイヤーウォーマーを活用するようにしましょう。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする