ランニングキャップのかっこいいかぶり方5パターンを紹介!

ランニングをするのに欠かせないアイテム、ランニングキャップ。

意外と似合わないと感じて苦手な方もいらっしゃるのではないでしょうか?

キャップをかぶらずに走っている方も見かけますが、ランニングキャップには様々な役割・メリットがあります。

昼間のランでは紫外線から守ってくれたり、汗が流れてきて目にはいるのをくい止めたりしてくれます。

多少雨が降っても、つばがあるため顔に雨がかかるのを防いでくれたりもします。

冬には防寒にもなります。

折角なので是非、かっこいいかぶり方を研究して、ランニングキャップを活用しましょう。

髪をしっかりまとめる

髪の長さにもよりますし、男性か女性かによっても変わってくるところではありますが、キャップから出た髪の毛はきちんとまとめておくのが良いでしょう。

特に顔回りはととのえておきましょう。

走ると髪の毛がボサボサになることもありますし、汗がしたたることもあります。

キャップから無造作に髪の毛が出ているのはちょっと「ランナーらしい格好よさ」とはかけ離れてしまう気がしますね。

結ぶほどの長さではないけれど、走ると髪の毛が顔にかかったりして鬱陶しいようなときにも、キャップの中に入れてまとめてしまうことでストレスなく走ることもできます。

ゴール地点で爽やかに写真に写るためにはラン後のことも考慮して髪型とのバランスをとるようにしましょう。

浅くかぶる

つばを上に向けてかぶります。

前髪がある方は、前髪が見えることになります。

前髪の上の方が押さえられて、普段より長めの前髪の印象になります。

そのまま下に下ろすよりは、左右に分けておでこを少しでも出す方がスッキリ見えますね。

女性で髪の長い方が浅くかぶる場合は、後でまとめる髪を下の方で結ぶと良び、サイズ調整のベルトの上から出しておくと良いでしょう。

深めにかぶる

ランニング中に視界が狭くなってはいけないので、深くかぶり過ぎないようにしましょう。

目安は一番深いところで眉毛のラインくらいまで。

また、深くかぶる際には耳にかかる髪の毛はかけてすっきりさせた方が清潔感もあり、キリッと見えます。

女性で髪の長い方は深めに被ったキャップのサイズ調整ベルトの上からまとめた髪を出すと、少し高めの位置で結ぶことになるので、オシャレ度はアップします。

つばを後ろにする

つまり、逆向きにかぶるということですね。

良い意味で少し肩の力が抜けたようなラフな印象は受けます。

つばが前にないため、顔の紫外線防止にはなりませんが、意外と首もとに日差しが当たって暑いこともあります。

後ろからの日差しが強い場合は、逆向きにかぶることで日差しを避けるメリットもあります。

また、前につばがないため、視界が広くなり走りやすくもなりますね。

つばはまっすぐのまま?カーブをつける?

ランニングキャップでも、つばが真っ直ぐのものと、もともと少しカーブがついているものがあります。

真っ直ぐのものを買ってきて、自分で中央折ってカーブをつけてもいいですね。

カーブがあるものの方が深めにかぶっても、視界が広くなり走りやすいでしょう。

浅めにかぶる場合はフラットなものでも良いかもしれません。

深めにかぶる方が自分に合うのか、浅めにかぶる方がいいのか、によってつばの形を選んだり、自分なりのカーブをつけて馴染ませてみるのもいいでしょう。

スポンサーリンク

ランニングキャップ以外の選択肢

日よけや頭からの汗を食い止める役目、ということを考えれば、サンバイザーを利用するのもいいでしょう。

ただし日差しが強い日は髪や頭皮の老化の原因になるので、やはりランニングキャップをおすすめします。

ただ、キャップをかぶると蒸れるのが嫌、とか髪の毛がぺったんこになるのが嫌、という方は、髪の毛にも使えるUVスプレーをかけるなどケアをしながら、サンバイザーをかぶるのも良いでしょう。

また、寒い冬の夜には防寒の役割も果たしてくれます。

そんなときはニット帽をかぶるのもいいでしょう。

耳が少しおおわれる程度であれば、耳の防寒にもなりますが、街ランをする場合は周りの音が聞こえづらくなりますので注意が必要です。

スポンサーリンク

まとめ

ランニングキャップは、印象を変える大きなアイテムになります。

本来の機能を損なわずに、おしゃれを楽しむのが大切です。

基本的なことではありますが、サイズ調整のベルトを締めたり緩めたりすることだけでも、頭のフィット感が変わるだけでなく印象にも影響を与えます。

締めすぎると、キャップが自分の頭よりも小さく見えて、逆に頭が大きい印象になります。

ちょうど良いサイズ感というのが、一番スッキリ見えます。

自分に合ったキャップを選ぶのはもちろんのこと、かぶり方も自分なりに研究して、是非ランナーとしてのカッコよさを追及していきましょう。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする