ランニングで痩せる4つのコツとダイエットに最適な食事メニューとは?

ランニングはダイエットに効果的ですが、食事を工夫するとさらに効果が上がります。

毎日ランニングをしているのに効果がでない、と感じている方もいるでしょう。

ランニングは脂肪燃焼の効果が期待できますが、食事を疎かにしていると効果が薄くなってしまいます。

ランニングで痩せるためにも、食事を工夫する必要があるでしょう。

ここでは、ランニングで痩せるためのコツや食事の工夫の仕方について解説します。

カロリー計算をしよう

ダイエットのためにランニングを始めても、カロリーを摂取しすぎては意味がありません。

ランニングは、効率良くカロリーを消費できる有酸素運動です。

しかし、食べ過ぎてしまうとランニングで消費したカロリーをオーバーしてしまうことがあります。

例えば、体重が60kgの方が30分間ランニングを行った場合、消費されるカロリーは約250kcalです。

白ご飯1膳で269kcalあると言われているので、ご飯をおかわりしただけでランニングの消費カロリーは無くなってしまうのです。

そのため、食事面も気を付けないと痩せることは難しいと言えるでしょう。

痩せるためには、一日の消費カロリーが摂取カロリーを上回る必要があります。

摂取カロリーを計算しながら、ランニングで消費したカロリーを無駄にしないよう注意してください。

筋トレを取り入れて基礎代謝を上げよう

ランニングで痩せるコツとして、筋肉を付けて基礎代謝を上げる方法があります。

基礎代謝を上げることによって、一日の消費カロリーが増えるので同じ食事をしていても痩せる速度が変わってきます。

筋肉が付くと基礎代謝が上がるので、積極的に筋トレを取り入れるべきでしょう。

特にランニングに必要な下半身の筋トレを行うと効果的です。

ランニングをしているのに、なかなか痩せないと感じている方には特に有効でしょう。

食事の前に走ろう

痩せることが目的なら、食事の前に走る方が脂肪燃焼の効果が高いです。

脂肪燃焼効果を高めてくれるので、ダイエット目的なら食事の前にランニングをするようにしましょう。

食後に走ると、摂取した炭水化物がエネルギー源となり、脂肪燃焼の効果を薄めます。

食事前だと脂肪をエネルギー源としてくれるので、脂肪燃焼を促進してくれます。

また、食後に走ると腹痛の原因になるので注意しましょう。

仕事の終わりに夜のランニングをする場合は、夜ご飯の前にランニングをしてください。

ダイエットに最適な食事メニュー

ランニングと同時に食事を工夫することによって、ダイエット効果を高めることができます。

ランニングで必要な栄養分を摂取しながら、カロリーを抑える良い食事を紹介します。

鳥のささみ

鳥のささみはカロリーが低いため、ダイエットに向いている食べ物です。

腹持ちも良いので、満腹感も味わうことができるでしょう。

鳥のささみはカロリーが低いだけでなく、筋肉を付けることに必要なタンパク質を摂ることができます。

低カロリーで高タンパク質の食材なので、ランニングで筋肉を付けながらダイエットを効率的に進めることができるでしょう。

サラダと一緒に食べることで、低カロリーの食事が摂れるのでおすすめの食材です。

スポンサーリンク

柑橘系の果物

ビタミンCやクエン酸を多く含んでいる柑橘系の果物は、疲労回復に役立ちます。

毎日ランニングを継続していると、身体にも疲労が蓄積するでしょう。

蓄積した疲労を回復するためにも、みかんやレモンなどの柑橘系果物を積極的に摂取してください。

カロリーも低めなので、ダイエットにも効果が高い食材です。

ランニングによるダイエットをより効果的にしましょう。

アミノ酸を含んだ食材

ダイエットにおいて、基礎代謝を高めることは非常に大事です。

アミノ酸を多く含んだ食材を摂ることで、基礎代謝を高めることができます。

カツオやシジミなどの魚介類にアミノ酸が多く含まれているので、積極的に食べましょう。

基礎代謝が高まると、一日の消費カロリーが多くなります。

その分、体重が落ちるペースも上がるのでダイエットには効果的でしょう。

本格的なランニングの前は炭水化物が大事

ダイエットのためにランニングをしている方は、食事の前に走ると脂肪燃焼に有効です。

しかし、本格的なランニングをする場合は、注意が必要です。

ランニングには多くのエネルギーが必要なため、長距離を走る場合はエネルギー源が必要でしょう。

ランニングなどに運動でエネルギーの源となっているのは、炭水化物やタンパク質です。

ダイエットの場合は炭水化物を抜くこともありますが、長距離を走るときは炭水化物を摂った方が良いでしょう。

また、ビタミンB群を摂取することもランニングのエネルギーに役立ちます。

ビタミンB群は炭水化物をエネルギーに変える役割があります。

豚肉などがビタミンB1を多く含んでいるので、長距離を走る前は炭水化物と一緒に食べるようにしてください。

自分の運動量を考慮して、しっかりと食事を摂るようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエットのためにランニングをしている方は多いでしょう。

ダイエットの効果を高めるためには、食事の摂り方が重要です。

食事でカロリーを摂取しすぎては、意味がありません。

ランニングで消費するカロリーを考えて、食事を摂るようにしましょう。

カロリーが低く、筋肉に必要なタンパク質を摂取できる鳥のささみがおすすめです。

腹持ちも良いので、ランニングとダイエットに相性の良い食材でしょう。

さらに、柑橘系の食べ物には、ビタミンCやクエン酸が多く含まれています。

ビタミンCやクエン酸は、疲労回復の効果があります。

ランニングで溜まった疲労を回復するためにも、積極的に食べるようにしましょう。

また、基礎代謝を上げるためにアミノ酸を含んだ食材を摂ることで、ダイエットをより効果的に進めることができます。

基礎代謝が上がれば、一日の消費カロリーが増えるので、体重が落ちやすくなるでしょう。

本格的なランニングをする場合は、炭水化物やタンパク質のエネルギー源が必要です。

長距離を走るときは、エネルギーをしっかり摂るように注意しましょう。

ランニングによるダイエットの効果を高めるためには、食事にも工夫が大切です。

食事に気を使えば、ダイエットはさらに効率が良くなるので、頑張ってください。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする