マイナーだけどオススメしたいランニングシューズのメーカー5選!

ランニングシューズのメーカーと言えば、『NIKE』や『new balance』のような有名なメーカーをよく見かけるのではないでしょうか?

大学に入るまではミズノとNIKEしか知らなかったです。

今振り返ると、ものすごく無知だったなと思います…

・他人とはランニングシューズでかぶりたくない

・でも、良いランニングシューズを履きたい

・マイナーなブランドのランニングシューズを知りたい

そんなあなたにマイナーだけど、オススメしたいランニングシューズのメーカーを紹介していきます。

ちなみに今回の記事では、日本ではそこまで知られていないというのを、マイナーの定義にしたいと思います。

マイナーだけどおすすめのメーカー5選

今回のマイナーでおすすめのランニングシューズを選んだ基準は3つあります。

  1. 日本ではそこまで知られてないメーカー
  2. 足のフィット感
  3. ランニングシューズのデザイン

これらの基準をクリアしているメーカーを厳選しました。

その結果、その条件にぴったり合うメーカーを5つチョイスしました。

  1. ブルックス(BROOKS)
  2. サッカニー(saucony)
  3. ニュートン・ランニング(Newton Runnning)
  4. リーボック(Reebok)
  5. アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)

これら5つのメーカーについて、それでは詳しく紹介していきます。

ブルックス(BROOKS)

[ブルックス] BROOKS ランニングシューズ メンズ ローンチ3 1102151D 074 (ブラック/ホワイト/27.5,US 9.5)

まず1つ目がブルックスです。

ブルックスの特徴は大きく分けて3つあります。

  1. 100年の歴史あるブランド
  2. 自社独自のクッション材を持っている
  3. 自分の走りを撮影して、あなたに最適なシューズをセレクトしてくれる

100年以上歴史のあるブランド品で、日本では認知されていないメーカーというのは珍しいのではないでしょうか。

ブルックスは他のメーカーと違うのは、靴の裏側のクッション素材が大きなポイントです。

一般的には、クッション素材は硬いものと柔らかいもので別れています。

ブルックスでは、硬い柔らかいに関係なく、靴のクッションの素材そのものが変化する衝撃を吸収する素材を使っています。

自分の走りを撮影することで、どういう風に足が着地しているか(足が着地するときの角度)を確認することができます。

それを知ることで、自分の走り方が正しいかを理解し、ランニングフォームが改善しやすくなります。

そうすることで、その人に合ったランニングシューズを提供することができます。

スポンサーリンク

・体系を気にせずカッコいいランニングシューズを履きたい!

・自分の走り方を撮影して、最適なランニングシューズを選びたい!

そんなあなたにブルックスのランニングシューズを履いてほしいです。

サッカニー(saucony)

[ワンミックス]Onemix Air エアランニングシューズ メンズ レディース スニーカー アウトドア ジョキング スポーツシューズ

2つ目がサッカニーです。

サッカニーの特徴は4つあります。

  1. 100年以上のブランドがある
  2. 日本ではマイナーだが、海外(特にアメリカ)では人気
  3. クッション性があり、軽量
  4. トライアスロンで使うユーザーが多い

ブルックスと同様に、100年以上の歴史がある数少ないブランドです。

日本でサッカニーはマイナーですが、海外では主流です。

使用シーンとしては、トライアスロンで使われることがあります。

走ったときにかかとや膝を痛めないためにも、ランニングシューズのクッションは大切です。

サッカニーを履いたことがある人からはこのクッションは高評価です。

・足に負荷が少ないランニングシューズを履きたい!

・軽量のランニングシューズを履きたい!

・トライアスロンに最適なランニングシューズが欲しい!

そんなあなたにサッカニーのランニングシューズを履いてみて欲しいです。

ニュートン・ランニング(Newton Running)

[ニュートンランニング] Newton Running DISTANCE W000814 BLUE (BLUE/YELLOW/27)

3つ目がニュートン・ランニングです。

ニュートン・ランニングの特徴は3つです。

  1. 効率良く走るフォームへ導くランニングシューズ
  2. 足へのダメージを減らすための固めのクッション
  3. かかとからつま先への傾斜が非常に少ない

効率よく走るフォームとして、つま先で着地する走り方(ナチュラルランニング)を身につけやすいランニングシューズとしては、ニュートン・ランニングが最も適しています。

ニュートン・ランニングは他のメーカーと比較すると、固めのクッションというのが特徴です。

かかとからつま先への傾斜を少なくすることで、走りやすいように工夫しています。

・効率良く走れるようなランニングシューズが欲しい!

・固めのクッション性を持つランニングシューズを履きたい!

・ジョギング初心者で、良い靴が履きたい!

そんなあなたにニュートン・ランニングのランニングシューズを履いてみて欲しいです。

リーボック(Reebok)

[リーボック] ランニングシューズ ポンプ プラス テック ブラック/ブラック/アロイ/ホワイト/ホワイト/シルバーメタリック 25.5 (旧モデル)

4つ目がリーボックです。

リーボックの特徴は2つあります。

  1. 一人ひとりの足型に合わせてシューズを提供
  2. 初心者の層には嬉しい「足へのフィット感」

リーボックはスニーカーで有名ですが、ランニングシューズもオススメです。

一人ひとりの足の形に合わせて、オーダーメイドすることができます。

足の形に合わせてオーダーメイドできるのは、他社の製品を比較してもそんなに多くないです。

リーボックを履いたことがある人にはわかりますが、足にしっくりくる「フィット感」が好きな人にはたまらないです。

スポンサーリンク

・ランニングをこれから始めようと思うけど、どのランニングシューズを選べば良いか分からない

・シンプルなデザインのランニングシューズが履きたい!

そんなあなたに一度リーボックのランニングシューズを履いてみることをオススメします。

アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)

[アンダーアーマー] UNDER ARMOUR ランニングシューズ UAマイクロGパルスII 4E 1255147 BLK/SNK/HVY (ブラック/スノーケル/ハイビスイエロー/26.5)

最後に紹介するのがアンダーアーマーです。

アンダーアーマーは一般的にはTシャツで知られているメーカーです。

アンダーアーマーのランニングシューズの特徴は3つです。

  1. 比較的に安い
  2. 高反発で走りやすい
  3. 耐久性がある

アンダーアーマーは競技用のランニングシューズには向かないですが、ジョギングをするためのランニングシューズとしては最適です。

履いたことがある人にはわかりますが、走ったときに高反発で着地しやすく、つま先で蹴りやすい点が特徴として挙げられます。

安いランニングシューズは、耐久力がないのが懸念材料としてありますが、アンダーアーマーのランニングシューズは長持ちするところが大きなポイントです。

・あんまりランニングシューズにお金をかけたくない!

・走りやすくて、長持ちするランニングシューズが欲しい!

そんなあなたにオススメです。

 

まとめ

いかがでしたか。

有名なメーカー以外のオススメのメーカーのランニングシューズを紹介してきました。

その中で今回は日本で主流ではないメーカーを中心に厳選しました。

あなたはこの5つのメーカーをご存知でしたか?

世の中には良い商品だけど、認知されていないものがたくさん存在します。

これを読んでいるあなたには理想のランニングシューズに出会ってほしいと思います。

もしあなたに直感でピンときたランニングシューズがあれば、是非試着してみてください。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする