最強のクッション性!膝に優しいランニングシューズを紹介!

皆さんは、ランニングシューズを選ぶ時、何を重視して選んでいますか?

【クッション性】よりも【軽さ】を求める人が多いのではないでしょうか?

【軽さ】も非常に大切なぽいんとですが、長くトレーニングを続けていくには【クッション性】を重視した方が、膝への負担も軽くなるなど、怪我の予防にも繋がります。

今回は、膝に優しいクッション性の高いランニングシューズをご紹介していきます。

クッション性も高く、自分に合ったランニングシューズを見つけて、快適で楽しいランニングをしてくださいね。

メーカー別クッション性の高いランニングシューズ5選

ここでは、メーカ別にクッション性の高いランニングシューズをご紹介していきます。

自分の好きなメーカーにどんなランニングシューズがあるか見てみて下さい。

asics GEL-NIMBUS19

asics (アシックス) LADY GEL-NIMBUS19-wide TJG514 4306 1709 レディース ウィメンズ 婦人 4306.ディーバブルー×Fコーラル 25.0cm

asicsのラインナップの中で、ランニング初心者から上級者まで幅広く人気のあるNIMBUS。

中でもGELシリーズは、衝撃吸収ジェルを使ったクッション性に優れた厚い靴底がランニング時の衝撃を和らげて、膝へ負担を軽減してくれるランニングシューズです。

asicsのランニングシューズは、インソールに高い反発性を持つ素材を使用するなど、衝撃吸収に工夫をこらしているのが特徴です。

また、日本人向けに商品開発をしていることもあり、甲高で横幅の広い日本人の足でもでも無理なく、抜群のフィット感を得ることができます。

MIZUNO ウェーブスカイ

[ミズノ] ランニングシューズ ウエーブスカイ SW [メンズ] (現行モデル) 05ネイビー×シルバー×イエロー 26.0 4E

MIZUNOのランニングシューズの中でも、クッション性や柔らかさを重視して作られたウェーブスカイ。

抜群のクッション性のミッドソールU4icXを採用することで、着地時に衝撃から膝をしっかりと守ってくれる作りになっています。

MIZUNOのランニングシューズは、クッションを複数重ねるという独自のクッションシステムで、衝撃を和らげる作りになっています。

また、クッション性やフィット感だけではなく、着地感にこだわった作りになっているのも特徴です。

NIKE エアズームペガサス34

ナイキ(NIKE) エア ズーム ペガサス34(ブルーオックス/ブラック/ブライトクリムゾン/ホワイト) 880555-403 403 26.0cm

NIKEのランニングシューズの中でも、高いクッション性で長く人気を保っているペガサス。

抜群のクッション性で膝への負担を和らげるだけではなく、とても軽量で通気性がよく、反発性がいいなど、ランニングシューズとしてとても高機能に作られています。

NIKEのランニングシューズは、最先端の技術が詰め込まれた高機能なランニングシューズが多く、トレーニングだけではなく、レースな様々な用途に合わせたラインナップがあるのが特徴です。

日本のメーカーに比べると、横幅が狭めに作られているので、横幅が広い人は少し注意が必要かもしれません。

newbalance FRESH FOAM1080

[ニューバランス] new balance ランニングシューズ FRESH FOAM BORACAY M NB M980 D EP2 (BLACK2/26) (旧モデル)

newbalanceのランニングシューズの中でも、特にクッション性にこだわって作られているランニングシューズです。

厚めのアウトソールと、newbalance独自のミッドソールFRESH FORAMを搭載することで、抜群のクッション性を実現すると同時に、着地時の衝撃を和らげる工夫がされており、膝を守ってくれる作りになっています。

newbalanceのランニングシューズは、クッション性も高く軽量と高機能なものが多いランニングシューズが多いですが、海外メーカーでは珍しく、日本人向けにも商品を開発しているため、横幅が広いランニングシューズもラインナップされているのが特徴です。

PUMA

[プーマ] ランニングシューズ Speed 500 IGNITE DISC プーマ ブラック/セーフティイエロー 27.5 (旧モデル)

PUMAのランニングシューズの中でも、初心者やこれから走りたいと思っている人におすすめしたいIGNITE。

PUMA独自のミッドソール素材IGNITEを採用することで、抜群のクッション性と抜群の反発性を実現し、膝への負担が大幅に軽減される作りになっています。

PUMAのランニングシューズは、なるべく硬い素材を使用ということを徹底し、ランナーがストレスなく走れる工夫がされています。

また、IGNITEのような高いクッション性の素材を使用することで、怪我防止のランニングシューズが多くラインナップされているのも特徴です。

スポンサーリンク

クッション性の高いランニングシューズを履くメリット

各メーカーから、たくさんクッション性の高いランニングシューズが出ていることはお分かりいただけたかと思います。

ここからは、クッション性の高いランニングシューズを履くメリットについてお話していきたいと思います。

メリット①【疲れにくくなる】

高いクッション性のランニングシューズを履くことで、膝への衝撃が減り、疲れにくくなります。

軽いけどクッション性はあまりないというようなランニングシューズを履くと、あまりに軽く、足に羽が生えたかのような感覚になりますが、ダメージを直に受けるため、知らないうちに疲労が蓄積していき疲れやすくなってしまいます。

疲れやすくなってしまうと、筋肉痛などで、連続してトレーニングをすることができなくなり、効果も半減してしまいます。

メリット②【怪我の予防になる】

クッション性の高いランニングシューズは、着地時の衝撃を吸収する作りになっています。

それによって、膝への負担が大幅に減り、怪我の予防につながっていきます。

ランニングでは、体重の約3倍程度の負荷がかかると言われいます。

その状況で急にランニングを始めたり、ペースアップなどをしてしまうと、膝への負荷が大きくなり、怪我をしてしまいます。

怪我をしてしまうと、せっかく始めたランニングが嫌になってしまい、続かなくなってしまいます。

ランニングシューズから怪我の予防をすることも大切なことです。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

ランニングをしていく上で、クッション性の高いランニングシューズ選ぶことは非常に重要なことです。

各メーカーも独自の技術を駆使して、クッション性の高いランニングシューズを多く開発しています。

クッション性の高いランニングシューズを履くことで、膝への負担がグッと減ります。

膝への負担が少ないということは、怪我の予防にもなりますし、疲れにくくなります。

トレーニングをしていく上で、怪我をしづらく疲れにくいというのも大きな割合を占める部分だと思います。

ランニングを長く楽しく続けていくために、自分のランニングシューズを見直してみるのもいいと思いますよ。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする