ランニング時にスマホや財布が邪魔にならないオススメグッズ5選!

ランニング時の1つの悩みであるのが、スマホやお財布などの手荷物。

そのまま、ポケットに入れて走っても、ゆさゆさポケットの中で揺れ、

気が散ってランニングに集中できませんよね。

どこか保管できる場所があればいいのですが、練習環境により難しい時もあります。

そんな悩みを解消するべく今回、ランニング中の手荷物を、ランナーはどうしているのか調べてみました。

 はじめに 私の場合

まずはじめに、かくいう私はどうしているか。

私の場合は、一度の走行距離が10km前後でそこまで長くないので、完全に手ぶら派です。なので、基本的にお財布やスマホは、家か車にお留守番させています。

熱中症の恐れがある夏場など、家から直接走り出す場合は、スパッツの太もも部分に緊急用の500円玉を一枚挟んで行きます。

ただ、スマホは持ち歩いていないので、ランニング後に覗いた時、着信が入っていたら、少しばかり申し訳なく思います。(普段鳴らないんですけど、鳴らないからこそ)

なら、『ポーチでも使えばいいじゃないか』という声が聞こえてきそうですが、一本で長時間走る事が少なく、いろいろと持ち歩く必要性が低いので、手ぶらで走る事が多いです。

しかし、面白そうなアプリもありますし、スマホがピタっと体に張り付くような物があればいいんですけどね。

ポケット付きのスパッツとかそんな感じの…

LINE.B 5分丈スパッツ ポケット付き レディース

ありました!

NIKE メンズ ランニングタイツ パワースピード ロングタイツ

これぞ、手ぶらランニングの理想形かもしれませんね。

ただ、スマホが汗で濡れるのが心配な方や、一度のランニングで長い距離(15~20km)など走る方は水分の携行も必要でしょうから、やはりポーチなどを活用されたほうがいいかもしれません。

手荷物はランニングポーチ派

ランニングに関する手荷物に関して、イロイロ検索していると、手ぶら派の人と、ポーチ派の人と半々ぐらい、若干ポーチ派が多いような印象です。

ランニング中に、ポーチを使っているランナーとすれ違う事も多くなりましたし、これからどんどん増えて来ると思います。

そんなランニングポーチですが、数種類あるので、1つずつ紹介して行きます。

ウエストバッグタイプ

ナイキ ランニング ポーチ ウエストポーチ

ポーチの中で一番収納力があるタイプです。

お財布やスマホに加え、ペットボトルも収納できるので、一度のランニングで長い距離を走る事が多い方はこのタイプがいいでしょう。

ボトルホルダー付きの物を選ぶ場合、専用のボトルがいるのか、市販のペットボトルが収まるのか、確認の上、購入してください。

チューブタイプ

FLIPBELT(フリップベルト) ウエスト&チェストバッグ

最近増えてきているチューブタイプ。

ボトルホルダーこそないものの、必要最低限の物をスマートに持ち運べます。

シャツの下に隠れてしまう程の薄さですから、ランニングウェアの雰囲気を崩したくない方はこのタイプがオススメです。

ただ、長さを調節することができないので、サイズ選びが重要になってきます。

スポンサーリンク

例えば、Mサイズが74~81cmで、自身のウエストサイズが77~78cmの場合、ちょうど中間に当たりますから、Mサイズを選んでいいと思いますが、

74~75cmでフィット感を優先するのであれば、ワンサイズ下のものを選ぶといいかもしれません。

アームバンドタイプ

adidas ランニング DMTポーチ

二の腕に巻きつけるタイプ。

こちらも、必要最低限の物を収納するのに適しているアイテムです。

ウエストポーチなど、腰周りの揺れなどが気になる場合こちらのタイプがオススメです。

ランニングベスト

ランニングバッグ Xラインベストタイプ

こちらのアイテムは、ランニングベストとランニングバッグが融合したものです。

トレイルランニングなどをする場合、上着などの着替えや、携行食料など荷物が増えると思います、そういった時に、大きすぎず小さすぎず、ちょうどいいアイテムだと思います。

ポーチ・ベストはこんな感じですが、通勤ランニングをはじめる場合こんなぐらいじゃ足りませんよね。

そういった場合は、収納力のより高いランニングバッグが必要になってくると思います。

番外編 通勤ランナーのためのランニングバッグ

ノースフェイス(THE NORTH FACE) エフピー18

バッグは、大きいものから小さいものまで、イロイロありますが、通勤ランニングの場合、

着替えはもちろん、シューズも入らなければいけないので、20リッター前後の内容量が必要になってきます。

もちろん、職場環境によって着替えの量も変わってくると思いますので、

考慮の上ご検討下さい。

写真のものが、18リッターのモデルになります、これよりも大きい物もあるんですが、このぐらいのサイズが、ストレスを感じずに背負って走れるサイズだと思います。

(以前、友人の25リッターぐらいのバッグを試しに背負って走って見たら、少々走りにくかったです)

体の大きさでも感じ方が変わってくると思うので、一度店頭で背負ってみた方が確実だと思います。

スポンサーリンク

まとめ

さて、今回は手荷物問題を解消するために、イロイロ紹介してきましたがいかがだったでしょうか?

極力なにも持たずに走りたいけど、仕事の連絡などが気になるという方は、ポケット付きのスパッツが1つの理想形かもしれませんし、

その他にも、いろんな物、水分・食料を持ち運びたい場合は、ポーチやバッグを活用すると不安も解消できるかもしれません。

それぞれのランニングスタイルにあった、アイテム選びのヒントにして頂けると嬉しいです。

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする