iphoneユーザー必見!ランニングでおすすめのワイヤレスイヤホン

携帯音楽プレーヤーの小型化によって今や音楽を聴きながらスポーツを楽しめるシーンが増えていますよね。

小さく便利になっているのはプレーヤー本体だけでなく、イヤホンもBluetoothでワイヤレス化しています。

ワイヤレス化によって、従来よりも激しい運動をしていても音楽を聴けるようになっています。

音楽を聴くのに適したスポーツはいろいろありますが、特にランニングは以下の点からおすすめです。

①動きが単調でリズムが重要⇒音楽でリズムを取りやすい

②周囲の雑音を一定程度シャットアウトできる⇒集中しやすい

③好みの音楽をチョイスして楽しめる⇒飽きずに続けられる

もちろん、走るにあたって必要なプレーヤーやイヤホンの選定も重要です。

ここでは、最も利用ユーザーの多いiphoneで音楽を聴きながらランニングするのに最適なワイヤレスイヤホンを紹介します。

ランニング用のワイヤレスイヤホンの選び方

 

ワイヤレスイヤホンといっても数も種類も多いです。

どんなものを選んだらよいかとっても悩ましい問題です。

そんな時は以下のポイントから選んでいくとよいでしょう。

・音質:イヤホンである以上、ここは押さえておきたいポイントです。

・機能性:汗や雨に濡れる可能性がある為、防水性能等が必要です。

・コスパ:同じ機能なら安い方が良いでしょう。

・使用感:実際に装着してみて外れやすかったり、耳が痛くなったりしないかは重要です。

・デザイン:見た目のおしゃれさでモチベーションも上がるものです。

注意すべきポイントとして、イヤホンの評価項目として通常であれば『遮音性』という要素もあります。

ですがこれについてはあまり高いものを求めない用が良いです。

遮音性が高くなると周りの音が聞こえなくなるため、走るうえでは少々危険を伴います。

これらを評価ポイントとしておすすめのワイヤレスイヤホンを紹介していきます。

まずは形から!!おしゃれ重視派の人におすすめのイヤホン

スマホでIphoneがここまで普及しているのは、やはり、おしゃれな周辺機器の豊富さにあると思います。

『おしゃれな周辺機器がそろっているからiphoneにする』という好循環が普及をさらに広めているといえるでしょう。

そういう意味では、iphoneユーザーは潜在的におしゃれ好きといえるかもしれません。

そんな方には以下のイヤホンがおすすめです

Airpods(Apple)

出展:Amazon

ご存知、Appleのワイヤレスイヤホンです。

”アップル信者”と呼べる方にとって、iphoneで音楽を聴く以上、これは必須アイテムです。

ワイヤレスどころか、イヤホン同士をつなぐケーブルもなく、左右が完全に独立しています。

ランニングをしているとケーブルが結構邪魔になると感じる人もいると思いますので、単純な機能面でもこれは高評価でしょう。

KOTORI OFFICE 本田圭佑プロデュース ワイヤレス Bluetooth イヤホン(フォステクスカンパニー)

出展:Amazon

こちらは日本サッカー界のカリスマ、本田圭佑選手プロデュースのモデルです。

サッカー選手である本田選手がプロデュースするわけですから、スポーツに使うにはもってこい、という強烈な説得力があります。

もちろん、機能面でもランニングよりも動きの大きなスポーツであるサッカーをしていても外れないような形状のイヤーフックや、運動中でも操作しやすい作りになっているなど、実用面でも優れています。

とにかくコスパ!!安価で効能なイヤホン派の人におすすめのイヤホン

iphoneユーザーが多くなるもう一つの理由は、買取制度やキャリアの割引政策により、実はコスパが優れているという面もあります。

つまり、iphoneユーザーは実はコスパを気にしている人も多いということです。

一方、ランニング時に使うイヤホンは普段使いよりもラフな環境になります。

だからあまり高価なものは使いにくい。

そうなると安いイヤホンにしたいところだけど、ここでiphoneユーザーは、やっぱりちょっとでも機能の高いものも使いたい。

無理だとわかっていてもこんな感じのジレンマをお持ちじゃないでしょうか?

そんな要望を叶える為、ここでは必要な機能を一通り揃えながらリーズナブルなイヤホンを紹介していこうと思います。

QY8 Bluetoothイヤホン BT ver 4.1(QCY)

出展:Amazon

Amazonでも人気のモデルです。

Bluetoothイヤホンは当然ながら通常の有線イヤホンよりも高価なのですが、有線モデルにも匹敵する2980円で手に入れることができます。

イヤホンとしてはBluetoothで無線ということがすでに”付加価値”ですが、さらに防水という機能も付いています。

スポーツといえば汗はつきもの。

その汗でイヤホンが傷んでしまうこともあるわけですが、この防水機能でそれが防げるというのは大きいでしょう。

Q12  Bluetooth イヤホン(SoundPEATS)

出展:Amazon

このイヤホンもU3000円の2988円です。

価格もさることながらこの価格帯では音質も非常に優れていると評判のモデルになります。

これだけでも十分評価されるべきですが、それ以外にもマグネットで小さくまとめやすいという特徴もあります。

スポーツユースでは使わないときに小さくして持ち運びやすいというのも重要なポイントと言えますので、この工夫は嬉しいですよね?

スポンサーリンク

やっぱり機能!!スポーツユースに適した機能が欲しい派におすすめのイヤホン

iphoneが時代を切り開いてきたのはやはり革新的な『機能』にあります。

決して目新しいというだけでなく、確実に必要とされるものを確実に備えた機能美というのがiphoneの売りでしょう。

さて、ランニングに適したイヤホンを紹介するわけですから、やっぱりそのための機能も備えて欲しいもの。

ここではそんなランニングに役立つ機能を備えたモデルを紹介しようと思います。

Sport Pulse Special Edition(Jabra)

出展:Amazon

ジャブラと言えばワイヤレススピーカーの有名メーカーです。

そのメーカーが出したモデルですから音質がいいのは当たり前。

このモデルのすごいところは心拍数計測センサーを内蔵しているところです。

これを生かして、イヤホンでそのスポーツの強度を測定することができます。

ランニングにおいて心拍数の管理は非常に重要であり、これをイヤホンでやってしまおうというすごい商品です。

通常、スマホで心拍数などを測定するのは別売りの専用機器を購入する必要があるわけですが、イヤホンでそれができてしまうのですから、一石二鳥なイヤホンですね。

 SmartB-Trainer SSE-BTR1(SONY)

出展:Amazon

ハイレゾでおなじみのソニーのモデルです。

この製品のすごいところは、なんとプールでも使えるほどの防水性能の高さです。

特に夏のランニングでは大量の汗をかきますが、そんなものではビクともしない防水性能を持っているわけです。

また、激しい運動をしているとつい起こってしまうのが、Bluetoothイヤホンの弱点である通信が途絶えてしまうという問題についても、イヤホン自体に16GBのメモリーを備えており、イヤホン自体から聞くこともできます。

さらにジャブラのモデルと同じように、運動強度の測定機能も備えています。

まさにスポーツをする人のニーズ全てにこたえた最高のモデルかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

iphoneは日本では一番普及しているスマホです。

それだけ色々な人が使っており、ランニングをする理由も人それぞれです。

ですが、今回挙げた3つの考え方でイヤホンを選んでいけば、自分にあうものが必ず見つけられると思います。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする