帽子が似合わない人でも大丈夫!オススメのランニングキャップ3選

ランニングキャップは日差しから頭や目を守るために必要なランニング道具の1つです。

必要な道具の1つですが、似合わないから被りたくないという方が意外と多いのも事実です。

今回は帽子が似合わない人でもオススメのランニングキャップとその被り方をご紹介していきます。

ナイキ エアロビル エリート ツイル キャップ

出典:https://www.magaseek.com/product/detail/id_500139502

こちらのキャップは非常に軽くて走っていても気になりません。

サイドの部分に通気のための穴が空いているため、通気性にも優れています。

また、反射材もついていますので、夜のランニングも安心です。

サイズは後ろのアジャスターで自分の頭のサイズに合わせる必要があります。

このキャップはとてもシンプルなデザインとなっていますので、ウェアにも合わせやすいと思います。

ニューバランス(new balance) Day or Night ランニングキャップ JACR7523VTI

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/supersportsxebio/10621889301.html#

次はニューバランスのランニングキャップになります。

このキャップは性能もさることながら、そのオシャレなデザインに注目して欲しいですね。

横についている星型のマークは反射材にもなっており、夜も安心して被ることができます。

また、後ろの部分のアジャスター部分も絞りのような形になっており、通常のキャップとは違うので特徴的かと思います。

ノースフェイス(THE NORTH FACE) GTDキャップ NN01673 W

出典:https://store.shopping.yahoo.co.jp/supersportsxebio/10525972101.html?sc_i=shp_pc_ranking-cate_mdRankList-008_title#

このキャップの特徴的な部分は、側頭部の耳にかからない形状です。

耳にかからないため、マラソンなどの長い距離を走ったりした場合でも耳にかかる負荷が軽減されます。

また、サングラスなどとも干渉しないため、非常に被りやすいです。

その形もめずらしいため、デザイン的にもカッコいいですよね。

スポンサーリンク

 ランニングキャップが似合わない理由

ランニングキャップは機能性を重視している反面、ファッションとして似合うようにはできていません。

それはファッション用の帽子と比べてみるとわかると思います。

まず、帽子の深さが浅いため目深に被りづらいです。

また、軽さを重視して作られているため、ツバ以外は軽く、通気性の良い素材で作られています。

以上の2点を考慮に入れたうえで、自分に合った被り方を選ぶ必要があります。

ランニングキャップの被り方

基本的には、目を紫外線から守るため、ツバで目を隠すように被ります。

しかし、その被り方だと見た目的に目元が暗くなり、あまりファッション性はありません。

そのため、ファッション性を重視するのであれば目深に被らず、目元を出すように被りましょう。

その時に目の紫外線が気になるのであれば、サングラスの着用も考えましょう。

また、ツバの曲げ方にもファッション性を出すことができます。

曲げずに水平にしたまま被るのか。

もしくは、野球帽のようにガッツリ曲げるのか。

鏡とにらめっこしながら、自分の似合う被り方を見つけるしかありません。

一般的には、縦長な顔に見えるように被ると似合う場合が多いといわれますよね。

そのため、軽く乗せるように被ると似合う場合が多いです。

スポンサーリンク

まとめ

ランニングをする上での必須アイテムの1つのキャップのご紹介しました。

デザイン性も考慮してあるキャップになります。

1つ目は、『ナイキ エアロビル エリート ツイル キャップ』。

白か黒のシンプルなデザインです。

シンプルなデザインのため、ウェアとの合わせる場合も合わせやすいと思います。

2つ目は、『ニューバランス(new balance) Day or Night ランニングキャップ JACR7523VTI』。

このキャップはデザイン性に優れていますね。

サイドの部分の星印は反射材にもなっており、夜も安心です。

また、後ろのアジャスターも絞りのようになっておりオシャレですね。

3つ目は、『ノースフェイス(THE NORTH FACE) GTDキャップ NN01673 W』。

その特徴は、耳の周りの部分が負荷をかけないように丸くなっていることです。

デザイン的にも丸っこく、面白い形になってます。

被り方は、目元を出すようにして被ると似合う場合が多いです。

その場合は目元を紫外線から守れないため、サングラスなどの着用を考える必要があります。

また、ツバを曲げたりすることによってもファッション性がでます。

水平のままにしたり、野球帽のように丸めたり。

これは鏡を見ながら、調整して、自分に合う形を見つけてください。

一般的には、顔が縦長に見えるように被ると似合う場合が多いといいます。

参考にされてみてください。

ぜひ似合うランニングキャップと被り方を見つけて、楽しいランニングライフを送ってくださいね。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする