リカバリープロテインとは?ランニングで飲むとどのような効果が?

日頃、ランニングを行っていくうえで、頑張り過ぎて、次の日に疲れが残ってしまった。

そんな経験はありませんか?

仕事や生活、またトレーニングを元気に続ける為にも、疲労はためたくないものです。

疲労を残さない、強い体を、手に入れたいと思いませんか?

疲れ知らずの体を手に入れるには、多くの栄養を取り入れなければなりませんが、食生活で上手くとるには、それなりの栄養の知識、努力が必要になってきます。

しかし、誰でも簡単に、確実にとれてしまう方法があります。

リカバリープロテインを活用することです。

今回は、リカバリープロテインの効果、使い方などを説明、紹介させていただきます。

なぜプロテインは必要なのか?

そもそも、プロテインって必要なの?と言うところですが。

日々トレーニングに励むアスリートには必要です。

水分を除けば、人間の体は約50%がタンパク質で出来ています。

皮膚、髪、爪、筋肉、血液、血管、その他、あらゆるものがタンパク質で形成されていて、その中でも、筋肉が約半分の割合を占めています。

生活や、トレーニング、ランニング中など、あらゆる場面で、筋細胞の中では絶えず、タンパク質の分解と、合成が行われています。

そのため、十分なタンパク質を補充し続けなければなりません。

しかし、忙しい毎日のなかで、必要な栄養を全て網羅するような食生活は、なかなか実現しずらいものがあります。

そこで、必要な栄養を、バランスよく配合した、プロテインサプリメントが、我々アスリートの強い見方となってくれます。

プロテインサプリメントとは、その名のとおりタンパク質そのものであり、運動能力の維持、向上に必要な栄養を全て含んでいます。

また、上手な使い方を覚えれば、疲れを残さない、強い体を手に入れる事も可能です。

リカバリープロテインという活用法

上記したように、アスリートに必要な栄養を簡単に補給できるのが、プロテインサプリメントです。

そのなかでも、回復力に特化した、リカバリープロテインという活用法があります。

ダメージを受けた筋肉へ、持続性のある栄養を与える事で、筋繊維の分解を抑制し、回復力を加速させ、より強い筋肉へと生まれ変わらせるのです。

主にリカバリープロテインとして用いられるのは、カゼインプロテインという種類のプロテインです。

一般的に認知されている、吸収率の高いホエイプロテインとは逆に、吸収が比較的ゆっくりなところが特徴です。

リカバリープロテインの1つの勘違い

リカバリープロテインと言えば、勘違いされやすいのが、服用するタイミングです。

リカバリープロテインだからと言って、絶対トレーニング直後に飲まなければ意味がない訳ではありません。

一般的に、トレーニング後約40分間が、『ゴールデンタイム』いわゆる、栄養を摂取するベストタイミングだと言われています。

これは、トレーニング直後は、筋細胞がダメージをうけ、その回復の為に細胞が活発に働いているため、

そこに、必要なエネルギーを投入することで、ダメージをはるかに上回る回復を促す効果が望めるからです。

ですが、ランニング直後、喉が渇いて水分を取った時に、急にお腹が痛くなったりした事はないですか?また、慢性的に、運動後に腹痛を感じる人も多いと思います。

運動直後は、多くの血液が、運動に使われる筋肉に行ってしまっているので、胃や腸の消化器官の活動が低下しているからです。

その時に、消化がゆっくりなカゼインプロテインを服用しても100%の力を発揮できません。

効果がないわけではないですが、あくまで100%ではないと言う事です。

え?ベストタイミングなのに?じゃあどうすればいいの?

そんな声が聞こえてきそうですが、より高いリカバリー効率を求めるなら、まずはアミノ酸の出番です。

タンパク質の一部でもあるアミノ酸は、プロテインにも含まれますが、分解、消化しなければアミノ酸の形にならないため、運動直後はアミノ酸単体での摂取が、速効性があり有効的です。

リカバリープロテインの効果を発揮させるために、ここで1度タンパク質の分解を防いでおく事がとても重要です。

筋肉疲労を防ぐBCAA

日々、スポーツを行っている方で、アミノ酸の存在を知らない方は少ないと思いますが、

認知度とは裏腹に、どのような効果があるか詳しく説明できる方は多くはないはずです。

アミノ酸とは、タンパク質を筋細胞に合成する材料で、筋肉を維持、強化する為に必要不可欠な存在です。

大きく分けて二種類あり、必須アミノ酸と非必須アミノ酸に分けらけます。

必須アミノ酸とは、体内では作り出せない9種類のアミノ酸で、食事などにより絶えず摂取して行かなければなりません。

その中でも、BCAAと呼ばれる(バリン、ロイシン、イソロイシン)←ちょっと早口言葉みたいですね

は、筋細胞の合成を促し、分解を抑制する働きがあるので、トレーニング直後のダメージを軽減してくれます。

しかし、アミノ酸サプリやドリンクは、配合により疲労軽減効果を発揮しないものもあります。

BCAAはセロトニンと言う物質の生成を抑制することにより、疲労軽減に役立ちますが、

同じく必須アミノ酸である、トリプトファンは、セロトニンの生成を促す効果があります。

ですから、この2つが両方とも配合されているものでは、疲労軽減効果は望めませんので、気を付けて下さい。

また、アミノ酸を摂取しすぎると、老廃物である、アンモニアが生成され、こちらも逆効果になるので、取りすぎは控えましょう。

リカバリープロテイン 飲むタイミングと効果

就寝前が1番リカバリープロテインの効果を発揮しやすいです。

先ほど書いたように、カゼインプロテインはゆっくりと消化、吸収させていきます。

なので、こまめに栄養を取れない就寝中にも、じっくりと体に行き渡ります

就寝中も、体を回復させるために、多くのエネルギーが必要ですから、就寝前にカゼインプロテインを飲む事によって、高い回復力を持続させる事ができ、朝の目覚めもよくなります。

また、カゼイプロテインにはラクトフェリンなども含まれており、免疫力の強化や、整腸作用なども望めます。

飲んで寝るだけで、筋力の回復と、風邪の予防まで出来てしまうわけです。

まさに、鋼の体を手に入れれるかもしれません。

オススメのカゼインプロテイン

ビッグカゼイン ナチュラル1kg

先ずはこちらです。

なんといっても、ダントツに安いんです。

ずっと続けるために、お財布にも優しいのは嬉しいですよね。

1kgで3.333円です。

beLEGEND プロテイン カゼイン&ホエイ いちごミルク風味

こちらのプロテインは、カゼインとホエイを9:1でミックスした商品です。

持続力と吸収率の合わせ技。1kg4.100円です。

シンサ-6 アイソレート タイムリリース型プロテイン

こちらは、カゼインとホエイ5:5でミックス。

アミノ酸レベルを長時間キープするところが特徴のようです。

トレーニング前に飲むことで、分解の抑制効果も期待できそうです。

まとめ

以上のように、プロテインとアミノ酸を上手く使い分ける事によって、細胞合成を助け、効率的にリカバリーを行う事ができます。

ランナーにとって、走り続ける事がとても大切です。

走り続けるには、日頃のトレーニングによる疲労を残さないことが重要です。

疲れない体を手に入れるために、リカバリープロテインを始めてみませんか?

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする