ランニングと筋トレは順番が大事?ダイエットに効果的なやり方とは?

ダイエットのために「ランニング」や「筋トレ」を行う人は多いですが、そのランニングや筋トレも順番が大事だって知っていましたか?

実は、順番を守るだけで、よりダイエットに効果的な運動をすることができるんです。

ランニングも筋トレもしっかりやっているのに、思うように痩せないという方や、ダイエットのためにやったのに筋トレもランニングもしたのに、筋肉ばかりついてしまったという方。

もしかしたら、行う順番を間違えている可能性があります。

では、より効果的にダイエットをするために「ランニング」と「筋トレ」の順番について説明していきます。

ダイエットに効果的な順番とは?

ダイエットが目的で筋トレとランニングを行っているアナタには、最初に筋トレ、そのあとにランニングがおすすめです!

この順番で取り組むことで、効率的に脂肪を燃焼でき、ダイエットの効果を最大限に高めることが出来ます。

いつもはランニングを先に、そのあとに筋トレをしている方は、順番を反対にしてみてください。先に筋トレを行いましょう!この順番を変えるだけで、ダイエット効果に大きな違いが出てきますよ。

なぜ筋トレからランニングの順番が効果的なの?

なぜランニングではなく筋トレが先の方がいいの?という疑問を解説していきます。

その理由は、成長ホルモンの分泌が大きなカギです。

筋トレをし、筋肉に負担をかけることによって、成長ホルモンが大量に分泌されます。

この成長ホルモンこそが、脂肪燃焼に非常に有効なのです!

実際、ランニングだけでは成長ホルモンを分泌するのに時間がとてもかかります。

しかし、ランニングをする前に筋トレをすることで、脂肪が燃焼しやすい体を、ランニングを行う前に作ることができます。

それにより、ランニングによる脂肪燃焼効果が上がり、より効果的にダイエットをすることができるのです。

では実際、ランニングの前に、どんな筋トレを行えば、ダイエットに効果的なのか気になりますよね。

成長ホルモンが脂肪燃焼につながるということは、先ほど言いましたが、さらに筋トレで、より多くの成長ホルモンを分泌させるためには、大きい筋肉を鍛えること、強い負荷をかけることが重要となってきます。

まず、大きな筋肉とは、上半身だと胸と背中、下半身だとお尻と太もも部分になってきます。

なので、筋トレをする際はこの部位を意識してみましょう。

例えば、上半身の筋肉を鍛えるのにおすすめなのが、「腕立て伏せ」です。腕立て伏せによって、大きい筋肉の胸筋を鍛えることができ、成長ホルモンが大量に分泌されます。

また、下半身筋肉を鍛える筋トレにおすすめなが「スクワット」です。スクワットは、お尻、太もも部分に強い負荷をかけてくれます。非常に、成長ホルモンが分泌されやすい筋トレです。

このように、ランニングを前の筋トレの際は「部位」を意識して、筋トレを行うようにしましょう。

スポンサーリンク

筋トレ後のランニングはどうようにすればいいの?

では、筋トレ後のランニングはどのように行えば、ダイエットに効果的なのかを説明していきます。

まず、ランニングと筋トレの間の休憩時間は15分〜30分以内にしてください。筋トレ終了後は、できるだけ、すぐランニングを行ったほうがいいでしょう。

それは、成長ホルモンは発生した30分後をピークに、分泌量は徐々に少なくなるからです。

さらに、ランニングのスピードは、早い方がいいのかな?と思いがちですが、違います。
少し息が上がる程度で、できるだけ長時間走るのが脂肪燃焼に効果的です。

よって、筋トレを行い、30分以内にランニングを始め、30分〜1時間程度ゆっくりランニングをする方法が、一番ダイエットに効果的な方法です。

筋トレを先に行うことで他にも効果が!

ランニング前に筋トレをすることは、脂肪燃焼効果を高めてくれるだけではありません。

実は、筋トレを先にすることで、筋肉をあたため、動きやすくなります。

それにより、ランニング時の着地の衝撃を和らげたり、ランニングの際に1番使う、太ももの裏の筋肉を意識しやすくなります。

それが積み重なることによって、効率の良いフォームに繋がり、ランニングのパフォーマンスもより良いものとなるのです。

さらに、ランニングのフォームがしっかりすることによって、筋肉の付き方も変わり、体型もより綺麗になっていく効果もあります。

筋トレを最初に行い、その後ランニングすることによって、効率的なダイエットになるだけでなく、綺麗な体型にもなれるのです。

スポンサーリンク

まとめ

普段のランニングと筋トレの順番を、しっかり意識して行うことによって、こんなに、効率的にダイエットすることができます。

順番1つでも、ダイエットの効果が大きく違ってくるのです。

しかし、無理のしすぎには注意してください。筋トレによって負荷をかけるすぎることで、人によっては、苦痛や疲労につながる可能性もあります。

また、筋トレをやりすぎて、ランニングができないとなっても、本末転倒です。

なので、アナタが出来る範囲で、楽しく筋トレとランニングを行っていきましょう。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする