筋トレとランニングなどの有酸素運動はどちらを先にやると効果的?

日々のトレーニングの中で、よりいい効果を得るために、筋トレとランニングなどの有酸素運動を組み合わせて行っている人も多いと思います。

ただ、これらのトレーニング、順番を間違えて行ってしまうと、効果が薄くなってしまうということはご存知ですか?

せっかくキツいトレーニングをしているのに、効果が薄くなってしまうのは嫌ですよね?

今回は、筋トレとランニングなどの有酸素運動の効果や、どちらを先にトレーニングをするのがいいかなどのお話をしていきたいと思います。

筋トレやランニングなどの有酸素運動の効果

ここでは、筋トレやランニングなどの有酸素運動の効果についてお話していきます。

それぞれの効果を知ることで、どうトレーニングを組みたてたらいいのか?やどちらを先に行えばいいのか?など色々見えてきます。

筋トレの効果

筋トレをすることで得られる効果で一番大きなものは基礎代謝の向上です。

基礎代謝とは、生命維持に必要な心拍、呼吸、体温調整などに必要な最低限のエネルギーで、じっとしていても消費するエネルギーのことを言います。

筋トレにより成長ホルモンが分泌され、筋肉量が増えることで、この基礎代謝が向上し、じっとしても消費するエネルギーが増えるため、痩せやすい体を作ることができます。

また成長ホルモンは、体内の代謝を上げて骨や筋肉を作るだけではなく、疲労回復や病気への抵抗力を付けることができます。

筋トレにより成長ホルモンの分泌量が増えることで、体の組織の回復や修復がされやすくなります。

その他に大きな効果としては、ボディメイクができるということではないでしょうか?

筋トレをすることによって、筋肉量を増やし、理想の体つきに近づけて行くことができます。

また、部分的に足りないところを補ってトレーニングをすることもできるので、胸筋が足りないなど、細かくトレーニングをすることができるのも、特徴です。

ランニングなどの有酸素運動の効果

ランニングなどの有酸素運動で得られる効果で一番大きなものは、脂肪の燃焼です。

ランニングなどの有酸素運動は、糖質や酸素をゆっくりと消費していきます。

そのために必要なエネルギー源として、脂肪を燃焼させるため、効率的に脂肪の燃焼をすることができます。

その他に大きな効果としては、心肺機能の向上が挙げられます。

ランニングなどの有酸素運動をすることで、心臓や呼吸筋を鍛えることができます。

それにより、心肺機能が向上し、疲れにくい体を作ることができ、また疲労の回復も早くなります。

筋トレとランニングなどの有酸素運動どちらが先?

ここまでのお話で、筋トレとランニングなどの有酸素運動それぞれの効果についてはお分かりいただけたかと思います。

どちらを先に行ったほうがいいかなど、少し分かってきたのではないでしょうか?

ここからは、トレーニングで組み合わせる場合、筋トレとランニングなどの有酸素運動どちらを先に行うのがいいのかや、なぜそうした方がいいのかについて説明していきます。

ダイエットなどが目的なら筋トレが先

ダイエットなど、脂肪をしっかり燃焼させたい場合は、ランニングなどの有酸素運動の前に軽い筋トレを行うと、より効果を得ることができます。

前述したとおり、筋トレを行うと成長ホルモンが分泌されます。

成長ホルモンが分泌されることで、基礎代謝が向上し、消費エネルギーが増えることで痩せやすい体(脂肪を燃焼しやすい体)を作ることができるため、ランニングなどの有酸素運動の効果をより高く得ることができます。

スポンサーリンク

持久力などを伸ばしたいなら有酸素運動が先

脂肪の燃焼が目的ではなく、心肺機能の向上や持久力をつけたいと思っている方は、ランニングなどの有酸素運動を先に行うといいでしょう。

筋肉疲労や脳が疲れてしまうと、様々な能力が低下してしまいます。

体も脳も元気な状態でランニングなどの有酸素運動を行うことで、心肺機能の向上や持久力のい向上に集中することができます。

また、余力で筋トレを行うことで、筋肉量を減らすことなくトレーニングすることができます。

どちらの場合も筋トレは軽くがコツ

筋トレを先にする場合も、ランニングなどの有酸素運動を先にする場合も、筋トレは軽くするようにしましょう。

筋トレを先にする場合、筋トレにより脳や体が疲れてしまうと、集中力や様々な能力が低下し、ランニングなどの有酸素運動による効果を効率よく得ることができなくなってしまいます。

ランニングなどの有酸素運動を先にする場合、疲れた状態で筋トレを行うことによって、効果を得づらくなるだけではなく、集中力が低下していることから、怪我の原因にもなってしまいます。

より効果を得るために、また怪我を防ぐために、注意してトレーニングするようにしましょう。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか?

筋トレとランニングなどの有酸素運動、どちらが先というのは、それぞれから得られる効果などから、目的によって違うということをお分かりいただけたのではないでしょうか?

目的によってトレーニングを使い分けていかないと、せっかくトレーニングを積んでもいい効果が得られず、トレーニングの意味がなくなってしまいます。

それぞれの効果や意味を理解して、よりよいトレーのングをするようにしてくださいね。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする