ランナー必見!ランニングでの膝の痛みの3つ原因と治し方について

ランニングでの膝の痛みに悩んでいますか?

せっかくのランニングも膝が痛いと辛いものとなってしまいますよね。

しかしその痛みには、ランニングの何かに原因があります。そして、そのままその痛みを放っておくと、もっと悪化していく可能性があります。

なので、できるだけ早く、原因と治し方を知って実践していきましょう。

ランニングでの膝の痛みの原因は?

炎症や損傷による痛み

・ランナーズニー

出典:だいたい療法

膝の外側に痛みを感じているあなたは、「ランナーズニー」という症状が考えられます。

これは、骨と靭帯が重なり合って、炎症が起きているのが原因です。

特にO脚の人はこの炎症が起きやすいです。

・ジャンパーズニー

出典:本町接骨院

膝のすぐ下のあたりが痛い!というあなたは、「ジャンパーズニー」という症状が考えられます。

この痛みの原因は、ランニングによる、地面を蹴るときのジャンプ動作で、膝の靭帯が伸びたり戻ったりを繰り返すため、その負荷によって損傷を起こしているからです。

また、膝のお皿と靭帯が、こすれ合うことで炎症が起きているとう原因もあります。

これは、太ももの筋肉が弱い人や、硬い人に起きやすいです。

ランニングフォームによって起きる痛み

アナタのランニングフォームが原因となって、その痛みを引き起こしている可能性もあります。

どんなランニングフォームが炎症を起こすのかを知っていきましょう。

出典:ei-publishing.co.jp

上記のイラストのように、ランニング中に着地をする時、自分の体より前に足がつくランニングフォームの方は危険です。

そのフォームによって特に太もも部分に負担がかかってくるので、膝の痛みの原因となります。

足の着地は体の真下にくるように心掛けていきましょう

他にも、カラダに負荷をかけた走り方をしていると、膝の痛みにつながってしまうのです。

ランニングシューズによって起きる痛み

アナタが履いているランニングシューズが原因で、膝の痛みにつながっていることもあります。

例えば、しっかり足の形やサイズが合っていないと、ランニングフォームが崩れたり、炎症を起こしやすくなり、膝が痛くなってしまうことがよくあります。

また、クッション性の低いランニングシューズを履いている場合も、クッション性がないゆえに、膝に大きく負担がかかってしまい、痛みにつながってしまいます。

膝の痛みに効果的な方法は?

では、実際に膝が痛くなってしまったら、どうすればいいの?ということですが、解決策や、治し方はいろいろあります。

それぞれを試しながら、膝の痛みを軽減していきましょう。

ストレッチ・ウォーミングアップをしっかりする

これは、とても重要なものとなります。ランニング前にウォーミングアップとストレッチを

行うことにより、筋肉が温まり関節の動きもなめらかになります。

特に、太ももの筋肉や靭帯を伸ばすストレッチを行うと、膝の痛みに効果的です。

また、ランニング後にも、しっかりストレッチをしていきましょう。膝の痛みを軽減するためにも、カラダに疲労をためないようにしてあげましょう。

スポンサーリンク

ランニングフォーム・シューズを変える

ランニングフォームやシューズが原因となって、膝の痛みにつながっているということは説明しました。

そこで膝が痛いアナタは、適正なフォームやシューズかを確認し、変更していくことが必要でです。

ランニングフォームは自分では分かりにくいのが正直なことろです。

なので、一緒にランニングをしている仲間や家族に見てもらいましょう。

また、最近は、ランニングフォームを確認するスマホアプリなどもあるので、自分のランニングフォームのどの部分が誤っているのかを、認知して、改善していきましょう。

ランニングシューズに関しては、まず、自分足にフィットしているかを確認してください。少し大きかったり、小さかったりする場合は、それが負担になり膝が痛くなっているのかもしれません。

1番いいのは、スポーツ専門店に行って、店員さんに足に合うランニングシューズを選んでもらうことです。自分も他人もフィットしていると思えるランニングシューズを選んでいきましょう。

筋トレをする

膝の痛みを治すのに、「筋トレ」もとても効果的です。

膝が痛む原因は、太ももの筋肉が弱いなどの原因もあります。そこで、太ももや、下半身を中心に筋肉をつけていくと、膝の痛みに効果的です。

ただ、あくまでも補助的なものなので、無理をしない程度に筋トレを行ってください。

スポンサーリンク

休む

誰もが、わかっていても、この治し方は最後になりがちです。

しかし、痛いと思った時は、しっかり「休む」ことがなにより1番の治療法です。

膝に痛みを感じた時は、まずは無理をせず、膝を休ませてあげるようにしましょう。

まとめ

膝の痛みの原因と治し方を説明していきましが、まずは、膝が痛くなってしまう前に、しっかり対策することも重要です。

ストレッチであったり、筋トレなどを、念密に行っていきましょう。

また、膝が痛くなってしまったという方は、上記でも説明したとおり、しっかり休むということが1番の解決策です。

痛いと感じた時は、まずは、カラダと膝を休ませてあげてください。

その上で、ランニングフォームやシューズを確認したり、ストレッチを念入りにしたり、筋トレを行ったりしましょう。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする