冬の寒い日に行うランニング効果とは?カロリー消費は大きいの?

冬は寒いし、外に出るのも億劫になりますよね。

そんな寒い中でも、ランニングをする意味があるのか疑問に感じる方も、少なくはないと思います。

厚い日だと汗もたくさんかき、目に見えてランニングの意味を感じるかもしれません。

寒い日だと汗をかくのにも時間がかかりますよね。

冬の寒い中にランニングしても、痩せる効果があるのか疑問に思う方も多いと思います。

今回は、冬のランニングが痩せるのか、ご紹介していきたと思います。

冬のランニングの痩せ効果

夏のほうが汗も大量にかき、目に見えるランニングの効果は多いと思います。

しかし、実際には汗をたくさんかいて減った体重の主な原因は、体内の水分が減ったからだと言われています。

寒いし体が温まるまでにも時間がかかる冬ですが、実際は冬にランニングを行ったほうが痩せる効果は大きいでしょう。

痩せる効果の他にもメリットがあるのでご紹介していきます。

脂肪燃焼

痩せるためには、脂肪を燃焼させなければなりません。

寒いときにランニングを行うと、脂肪を燃焼させるという点では、とても効果的です。

人間の体温は、35~37℃くらいでしょう。

冬は気温が10~0℃以下になりますよね。

体温より外気のほうが寒いと、体温を維持するために熱を作ります。

その熱を作るために、脂肪が使われるのです。

普通のランニングでも脂肪を使っていますが、寒い日に行うことにより、体温を上げなければならず、脂肪の燃焼量が増えます。

ちなみに、冬は消費カロリーが2割ほど増すと言われています。

そのため、冬のほうが痩せるという観点から見ると、効果的だといえるでしょう。

スポンサーリンク

体質改善

冬になると懸念されるのが、冷え性です。

ランニングを行うことにより、足の筋肉が鍛えられますよね。

特にふくらはぎの筋肉は、血圧が低い方には、重要な筋肉と言えます。

ふくらはぎの筋肉が鍛えられることにより、血圧が上昇し、冷え性や不眠症などに効果があります。

夜寝つきが悪かったり、冷え性が気になって眠れない方は、冬にランニングをすることにより、体質改善することができるでしょう。

その他にも、基礎代謝も向上させることができるので、冬は特にランニングを行ったほうが良いかもしれませんね。

長時間のランニングが可能

冬に行うランニングは、夏に行うよりも距離を伸ばすことができます。

普段から、目標を設定してランニングをしてるという方は多いと思いますが、冬は心拍数を抑えられるため、長い時間走ることが可能です。

設定した目標によっては、結果が良かったりするので、達成感で気持ちよく走ることができるかもしれません。

脂肪燃焼の効果も上がっているので、走る時間を伸ばすことができれば、冬にはぐっと痩せる効果が期待できそうですね。

ですが、無理をして時間を早めたり、距離を伸ばすことは、怪我などの危険性がありますので、あくまで自分の体にあったランニングを心がけてください。

冬のランニング注意点

痩せるためにも、冬のランニングが効果的と言いましたが、気をつけなければならないこともあります。

自分の体に無理をさせると、怪我や持病の悪化にもつながるので、しっかりデメリットを押さえて、ランニングを行っていきましょう。

筋肉のダメージ

冬は筋肉が縮こまり硬くなっています。

そんな中で急にランニングを始めてしまったら、筋肉がつったりなど痛めてしまうことが考えられます。

冬にランニングする場合は、上半身、下半身ともにストレッチをしっかり行うことが怪我の予防につながります。

ストレッチを行った上で、急に走り出すのではなく、5分ほどウォーキングもしくはジョギング程度のものをしてから、ランニングを始めると良いでしょう。

怪我をしてしまったら、生活に支障が出てしまうと思いますので、忘れず行いましょう。

スポンサーリンク

脱水症状

脱水症状は、夏に良く起きるものだと感じる方も多いのではないでしょうか。

もちろん、夏の脱水症状対策も怠ってはいけないものです。

しかし、冬でも脱水症状の危険性がありますので、見ていきましょう。

冬では大量に汗をかくということがないので、水分補給を怠りがちです。

しかし、しっかり汗はかいています。

冬は風が強い日が多いと思いますが、風の強い日は特に注意です。

風は汗を乾かしてしまうので、さらに汗をかいている実感がなくなります。

これらの要因で、引き起こされるものが脱水症状です。

汗をかいていないからといって、水分補給を怠ることなく、小まめに水分を摂ることが重要になってきますね。

まとめ

今回、冬のランニングのメリット、デメリットをご紹介してみました。

冬のランニングに、こんなにメリットがあるのかと思った方も多いでしょう。

寒くて外に出るのが億劫なときこそ、ランニングをした方が良いのかもしれませんね。

しかし、デメリットの部分でご紹介したとおり、体調をしっかり整えてから行うことを忘れないようにしましょう。

寒いときこそ運動、寒いときこそ多めのストレッチです。

寒いときでもランニングを楽しく、前向きに行っていきましょう。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする