ランニングで痩せるコツとは?プロテインでダイエット中の栄養補給を!

ダイエットや健康のために、ランニングで汗を流している人も多いと思います。

ですが、汗をかいて努力はしているけど、なかなか結果がでない!なんて思いをしていませんか?

また、結果が出なくてやめてしまった。と言う方も多いはず。

今回は、すこしの工夫で、続ければ必ず報われる、ランニング&プロテインの活用法を紹介します

ただ汗をかくだけでは脂肪は燃えない

なかなかショッキングな見出しかもしれませんが、とりあえず汗を流すだけでは、ほとんど脂肪は燃えません。

体が、汗腺から汗を流すために必要とするエネルギーは微々たるものだからです。

サウナなどで、耐えに耐えて汗を流したとしても、脂肪はほぼ燃えていません。

確かに、減量効果はありますが、一時的なもので、水分をとればもとどおり、スポンジと一緒です。

ただ、汗を流す努力は大切です。

同じ汗を流すなら、価値のある汗を流しましょう。

さぁランニング!

ダイエット・減量:効果的な体重を落とすランニングのやり方・ポイントは?

ただ汗を流すだけでは、上記したように、ほぼ無意味ですが、ランニングではどうでしょうか?

結論から言うと、ランニングという運動自体では、減量効果はさほどありません。

ただ、続ければ必ず効果は出てきます。

続ける事によって、真価を発揮します。

では、順に説明していきます。

ランニングで消費できるカロリーはどのくらい?

1km走ることで消費できるカロリーはどのくらいかご存知ですか?

1km走ると、体重の1kgあたり、約1カロリー消費すると言われています。

ですから、体重50kgの人だと50カロリー、60kgだと60カロリーです。

脂肪は1gで約9カロリーのエネルギーとして消費されるので、1kgの脂肪を燃やすためには9000カロリー分の運動が必要になってきます。

そうなると、50kgの人で180km、60kgだと150km走らなければ行けません。

一ヶ月あれば走れる距離ですけど、毎日5~6km走ってやっと1kg分です。

その間も、食べたり飲んだりするので、ランニング=痩せる、ということではないのです。

筋肉は脂肪の1.2倍○○

また、ランニングを続けていくと必ずつく肉があります、筋肉です。

筋肉の重さは、脂肪の約1.2倍重いと言われています。

ですから、脂肪を減らしても、同じだけ筋肉がつくと体重は増えることになります。

ここまで来ると、運動=ダイエットとも言いづらくなってきますが、、、

半分正解で、半分誤解です。

肝心なことは基礎代謝を上げること

まず、下のグラフを見て下さい。

出典元 筋トレ知識倉庫

身体活動代謝というのが、体を動かすことによって消費されるもので、それよりも遥かに多いのが、基礎代謝です。

上記した、半分正解の部分です。

基礎代謝の中身は、脳や消化器官などの活動が約6割、残りの約4割が筋肉を維持するためのエネルギーとして使われます。

脳や消化器官の活動レベルを、意図的に鍛えることは難しいですが、筋肉を運動により増やすことはできます。

ですから、ダイエットをするなら、運動による基礎代謝の向上が一番の近道なのです。

半分誤解の部分ですね。

また、基礎代謝は何もせずとも消費されていくエネルギーですから、基礎代謝の高い体になれば、筋肉量を維持することによって、太りにくい体質になれるわけです

ここまでは、ご理解いただけたらと思いますが、1つの疑問があると思います。

基礎代謝を上げるためになぜランニング?

基礎代謝を上げるだけなら、家で出来る筋トレでもいいんじゃない?なんて思っていませんか?

たしかに、ランニング以外の選択肢もありますが、私がランニングをオススメするのは理由があります。

家でのトレーニングはサボる理由が多い

・気になるニュースなどが、目や耳に入ってくる、気づけば見入る、聞き入る。

・ペットなどがヒマそうなので、少しのつもりが遊び込む。

など、サボってしまう要因・理由が多いのでトレーニングに身が入らない。

筋トレなどはそれなりの知識が必要

全身を効率的に鍛えるためには、やはりそれなりの知識が必要です。

また、トレーニングジムなどに通うのであれば、それなりの費用が掛かってきます。

家を飛び出せばそう簡単にサボる理由はできませんし、片道走る覚悟さえあれば、あとは惰性で家に帰るだけです。

また、走ることに専門知識はいりませんし、ランニングは全身をバランスよく鍛えることができます。

大きな筋肉を必要としない運動なので、ムキムキになりたくないという女性にもオススメできます。

とてもダイエットに向いたスポーツがランニングだと思います。

さて、ランニングを選ぶ理由はご理解いただけたでしょうか?

では、本題にもどります、、、

筋肉量を維持していく事が基礎代謝をあげ、ダイエットの近道だと先ほど書きましたが、

ダイエット中に筋肉を維持するための栄養を、十分にとることがなかなか難しいです。

栄養知識を心得ている人なら問題ないかもしれませんが、じつは誰でも簡単にできる方法があるんです。

アスリートの強い味方、プロテインをつかう方法です。

プロテインでダイエット中の栄養補給

ダイエット中は、運動とともに、食事制限される方が多いと思いますが、偏った食事では、ただ辛いだけであまり効果のない場合が多いです。

辛いし、効果も出ないまま諦めてしまった、という経験がある方は、

運動によりせっかく付けた筋力を、食事制限により分解してしまっていたのだと思います。

しかし、ある程度の食事制限をしながらでも、プロテインを服用することで筋力の維持、向上がはかれるのです。

プロテインの中には、筋肉を維持するために必要な栄養が、バランスよく配合されています。

食事制限をしながらでも、十分な栄養補給ができるので、ダイエットには効果的です

また、高エネルギーであり、消化が比較的ゆっくりなので、腹持ちがよく、満腹感が長い時間あるので、こういった観点からもダイエットにはオススメです。

鉄分の補給も忘れずに!

鉄分は、ランニングなど有酸素運動にはとても大切になってきます。

また、基礎代謝をあげる上でも重要です。

食事制限をしていると、この大事な鉄分がどうしても不足がちです。

一般的にお肉を控えたりすることが多いと思いますが、お肉には吸収率の高い鉄分が多く含まれています。

その結果、運動にもダイエットにも必要な鉄分が不足してきます、ダイエットが上手くいかない理由の1つです

ですので、十分な鉄分も補給しましょう。

鉄分が多く含まれる食べ物

代表的なものは、レバー・ドライフルーツ・大豆・芋などです。

また、鉄分は体に吸収されにくい性質ですが、あわせてビタミンCをとることにより、吸収しやすくなります、100%のフルーツジュースなどを合わせて飲むといいでしょう。

意外と知られていないのですが、お茶やコーヒー、卵黄などは、鉄分の吸収を妨げる働きがあるので注意が必要です。

まとめ・ランニング&プロテインで太らない体が手に入る!

今回の記事をまとめると

・ダイエットを効率的に行うには基礎代謝を上げる

・基礎代謝を上げるために、ランニングで無駄なく全身を鍛える

・食事制限中の、筋力の維持・向上にプロテインをつかう

・鉄分の補給も忘れないこと

です。

この4つを行うことで、効率的に太らない体を手に入れることができます。

短期間で劇的な変化はないと思いますが、確実に成果が現れますので根気よく続けることがたいせつです。

ランニング&プロテインはダイエットに効果的なので、ぜひお試し下さい。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする