ダイエットにランニングをオススメする3つの理由とは?

ダイエットの手段としてお手軽に始められる手段としてランニングは人気が高いですね。

本格的に取り組むのであれば話は別ですが、そうでなければ特別な道具が必要無く、極端なことを言えば靴さえあれば出来るのがランニングです。

しかし、ランニングはどの程度の距離や時間行えばいいのか具体的にわからないという方が多いと思われます。

漠然と適当に走っていては効果的なダイエットとは言えません。

そのため今回は、ランニングによるダイエットを検討している方のために効果的なランニング距離や時間について詳しくご紹介していきたいと思います。

ランニングをすると何故ダイエットになるのか?

効果的なランニングについてお話する前に、まずはランニングがどうしてダイエットに繋がるのか、それを『痩せる』メカニズムから説明していきたいと思います。

理由1 筋肉が落ちる

痩せる原因として挙がるの『筋肉の量』でしょう。

筋肉は脂肪よりもはるかに重いため、運動を全くしないで筋肉が落ちていくと体重が減ります。

「それじゃあ運動しない方が楽に痩せれるじゃん」と考えるかもしれませんが、筋肉が無いと基礎代謝も落ちてしまいます。

基礎代謝が落ちてしまうと体のエネルギーの使用量が減ってしまい、そうなると脂肪が減らないので、肥満の原因となりうるのです。

これでは健康的な痩せ方とは言えませんよね。

しかし、逆に過度な運動をすることも筋肉が落ちる原因となります。

適切な運動を心がけ、日々筋肉を鍛えることは脂肪が落ちやすい体を作ります。

そのため健康的に痩せるためには筋肉を落とさないようにしましょう。

理由2 水分が減る

人間の体は7割水分で出来ています。

その水分がランニングなどによって汗をかき、体外へ放出されることでも体重は減ります。

しかし、水分は生きていくうえで必要不可欠な要素です。

体の7割を占めていることからわかるかと思いますが、あまり水分が減るのは人体にとって良いものではありません。

脱水症状という言葉に聞き覚えがあるかと思いますが、あれは体内の水分が不足することによって起こります。

このことから体内の水分を減らすことは良い痩せ方とは言えないでしょう。

理由3 脂肪が落ちる

太っている方の大半は『脂肪』による肥満が原因だと思います。

先ほども少しお話しましたが、運動をしないことで筋肉が落ちると基礎代謝が落ちて脂肪が減りにくくなるということをお話しました。

そんな脂肪ですが、ランニングのような有酸素運動は脂肪を燃やす効果があるんです。

筋肉を鍛えて代謝を上げて脂肪が燃焼しやすい体を作り、有酸素運動により脂肪を燃やせばダイエットとなります。

しかし、脂肪はいざというときのためのエネルギーともなるので全く脂肪が無いのも体に良くないです。

適切に脂肪を落とすことが健康的なダイエットと言えるでしょう。

効果的なランニング距離とは?

痩せることとはどういうことなのか説明したあとは、いよいよ本題の効果的なランニング方法についてです。

まずはそのうちの一つであるランニング時間についてご紹介致します。

ランニングの距離が長ければ長いほどダイエット効果が出ると思いがちですが、実は意外とそうではないんです。

あまり長距離を走ってしまうと心拍数が上がり過ぎてしまいます。

心拍数と言うものは脂肪燃焼に関係しており、効率的に脂肪を燃やす心拍数があるのです。

その効率的な心拍数は高すぎても低すぎてもダメなので、あまり長距離を走らずおしゃべりが出来るぐらいの運動になるように距離を自分で調節してみましょう。

効果的なランニング時間とは?

次に効果的なランニング時間についてご紹介していきます。

ダイエットは少し運動したのでは効果が出ません。

ある程度の時間は行わないと脂肪の燃焼が始まらないのです。

それではどれくらいの時間運動すれば良いのかというと、『20分

は最低でも必要です。

脂肪というものは20分は運動をしないと燃焼が始まらないものなのです。

そのため、ダイエットのためにランニングをするなら最低でも20分は行い、あとは自分のペースに合わせて時間を延ばすのが良いでしょう。

気を付けて欲しいのが、時間も距離と同じように度が過ぎてはいけないということです。

あまり長時間ランニングをしてしまうと膝に負担がかかり怪我をする恐れが出てきます。

怪我をしてしまってランニングが出来なくなってしまっては元も子もないので自分に合ったペースでランニングをしましょう。

まとめ

ダイエットというものは闇雲にランニングをすれば良いというわけではありません。

如何に効率よく脂肪を燃焼するかということを考えていないと、無駄に体力だけを消耗してしまうだけなので、ダイエットのことを考えたランニングを行うようにしましょう。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする