ランニングで下半身は痩せないのか?脚やせは可能?

みなさんがランニングを始めたきっかけは何でしょうか?

健康のため・仲間がしていたから・お金がかからないスポーツだから・・・

などなど、そんな中でも一番よく耳にするのが、ダイエットをしたいから、という理由です。

特に下半身を引き締めるためにランニングを始めた方も多いのではないでしょうか?

でも、本当にランニングで下半身は痩せるの?

筋肉がついて本当は太くなるんじゃ・・

今回はそんな不安な声に応えるためにランニングにおける下半身痩せの効果を調査しました!

出典;ぱくたそ

そもそも下半身はなぜ太る?

若い頃は割と美脚だったのに・・

学生の頃にはスポーツもしていたからもっと引き締まっていたのに・・

実は、下半身が太る理由には幾つかパターンがあるようなのです。

・食生活の偏り

・骨盤の歪み

・筋肉のたるみ

それぞれ何が原因で下半身太りにつながっていくのかひとつずつ見ていきましょう。

食生活の偏りによる下半身太り

手軽なインスタントやファストフードはこの忙しい現代人にとって便利なものですが、添加物や砂糖がみなさんが思っている以上に入っています。

まずは、これらを食べないようにすることを目標にしましょう。

下半身痩せの第1歩として、食生活の改善から入るのも手かもしれませんね。

スポンサーリンク

骨盤の歪みによる下半身太り

骨盤はなんで歪むのでしょうか?

体を支える骨盤ですが、実はみなさんが日頃行っている些細な癖の積み重ねにより歪んでしまうんです。

・椅子に座って脚を組む。

・いつも同じ姿勢でテレビを見る。

・寝る時の向きがいつも同じ。

・楽だから猫背になってしまう。

どうでしょうか?ぎくっとした方も多いのではないでしょうか?

よくテレビでも耳にする骨盤の歪み、という言葉。

骨盤?なんで下半身が太りやすいことと関係あるの?

それは、人間の身体の構造に秘密があったのです。

出典;メディカルイラスト図鑑

人間を支えているのは、大雑把にいえば骨と筋肉と関節です。

そして、体の中心にあるのが話題に上がっている骨盤です。

これが歪んでしまうと、

・血流が悪くなり、足のむくみにつながる。

・内臓や胃が圧迫され、正しい活動ができなくなり基礎代謝の低下につながる。

・脂肪が余計なところにつきやすくなり、さらに痩せにくい体質になる。

他にも、自律神経等の崩れ・ホルモンバランスの低下の様な悪い影響を与えてしまうんです。

筋肉のたるみ

また、「昔スポーツしていたからその筋肉が脂肪になっちゃって・・」という決まり文句。

実はこれ大きな勘違いなんです。

筋肉と脂肪の成分は全く違うものなので、筋肉が脂肪に変化することはないそうです。

以前ついていた筋肉が小さくなっていき、その空いた部分に脂肪がついたことですり替わっているように見えることからこの決まり文句が生まれたのでしょう。

そもそも、上半身はわりと痩せやすいのに、なんで下半身は痩せにくいのでしょうか?

実は下半身というのは、

「上半身に比べて筋肉が少なく、脂肪がたまりやすいため」

だと言われています。

筋肉というのは、代謝を良くしてくれるもの。

筋肉が少ないというのは代謝が悪く脂肪がつきやすい状態なんですね。

そもそも脂肪がたまりやすい場所ですので、ちょっと油断をしてしまうとお肉がついてしまうわけです。

さらに、上半身の筋肉強化はいくつも種類があるのに対し、下半身の筋肉をつけるというのはプロのボディビルダーの方でも苦戦するくらいつきにくいものと言われているんです。

ランニングにおける下半身痩せへの効果

上記で読んでもらった通り、下半身が太る理由は幾つかパターンがあるのですが、ランニングで効果があるのは骨盤の歪みによるものです。

ランニングというのは、長時間同じ姿勢で走るスポーツですね。

骨盤がゆがんでいると、背中が丸まったままで走りづつけたり、足を引きずるようなフォームになってしまいがちです。

スポンサーリンク

そのような悪い姿勢では、長時間同じペースで走ることはできません。

もしできたとしても、筋肉の痛みやひどい場合には肉離れなどといった大きな怪我につながりかねません。

つまり、ランニングを安全に楽しく走るためには、正しい姿勢で走らなければいけないのです。

ランニングにおける正しい姿勢とは・・?

まず、平らな床や地面にまっすぐ立ち少し上から引っ張られているような姿勢にします。

出典;http://www.zamst.jp/runningform/

普段から猫背のような姿勢の人は、ちょっと背中が反っているかな、くらいがちょうど良いです。

そして、骨盤に重心を置くイメージで歩いてみましょう。

スッスッと前に自然に歩き出せたのではないでしょうか?

このイメージができた方は次のステップに進みます!

大きな筋肉を動かす!

下半身の中で大きな筋肉といえば、文字通り太ももの筋肉ですね。

出典;https://kintore-start.net/daitai/

この筋肉を動かすイメージで走り出すと、代謝が良くなり下半身の引き締め効果がぐっと上がります。

足をちょこちょこ動かしてばかりのランニングですと、筋肉痛になって終わり!のパターンが多いようです。

最初は少しぎこちないかもしれませんが、コツがつかめればそこから自分のフォームも作り出せます。

ランニングに脚やせの効果はあるのか?

はい、あります!

ただし、

・食生活を見直す

・筋肉をつけて代謝をよくする

・大きな筋肉を動かすイメージで走る

以上のポイントを時間をかけ、そして骨盤を意識した正しい姿勢でのランニングが必要不可欠になります。

他にもランニングに関する

役立つ記事を書いています!

是非ご覧ください!

↓↓↓

ブログの目次はコチラ


スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする